高校生に人気のアルバイト

高校生になるとアルバイトが始められます。日本の国では中学生以下の学生はバイトが禁止です。親のお店の手伝いなど、例外的な場合を除いて中学生以下は労働者になれません。
しかし高校生ともなれば労働者になれます。深夜のアルバイトは依然として禁止されていますが、一般的なバイトであればほとんど可能です。社会人とほぼ同じ労働内容が可能となり、お小遣いが自力でガンガン稼げます。

 

高校生の頃と言えば、学業やスキルアップや恋愛などでお金が何かと要ります。親に迷惑をかけたくない、自分磨きのコストは自力で稼ぎたいなど、色々な理由でアルバイトを始める方々がいます。

第1位
高校生に人気のお仕事ベスト3についてですが、まず最も人気なのがファストフード店のお仕事です。普段からよく利用しているドーナッツ店やハンバーガー店であれば自然にお仕事が始められます。自宅周辺にも多くの店舗がありますし、マニュアルが完璧にあるため、初めてバイトをする学生にもおすすめです。

 

第2位
第2位ですが、コンビニエンスストアです。こちらもまた学生にとってはお馴染みのバイト先です。やはり自宅周辺にあり、お仕事内容もマニュアル化されているため気軽に始められます。また時給が近年軒並み上がっているのが利点です。

 

学生だと平日のお仕事が厳しい場合がありますが、コンビニエンスストアであれば土日祝日に限りスタッフとして勤務でき、また働くスケジュールも自由度が高いです。
第3位
第3位ですが、スーパーマーケットです。スーパーマーケットでは高校生のアルバイトも募集しています。鮮魚や野菜、雑貨やお惣菜など、コーナーごとに募集がありますので、自分の好きな分野で働けます。

 

正社員に近いお仕事内容となりますので、社会経験の一環として応募してみるのもおすすめです。大手スーパーの場合、面接の審査がコンビニエンスストアやファストフード店よりも厳格な事があります。またシフトに入れる日数が多い学生の方が有利です。

 

アルバイトを探すなら求人情報サイトで探すのが一番!求人の情報量も多く、検索が簡単!とにかく早い。
ほぼ毎日、新しい求人募集が更新されるので、好きな仕事を見つける確率も高いんです。
有名で人気のある求人サイトを下記に紹介しています。参考にして下さいね!

 

 

バイトルの特徴
バイトルは六本木にあるディップ株式会社が運営するアルバイトなどの求人情報サイトです。各種CMや電車内の交通広告にも広告を出しているので、ご存知の方は多いでしょう。最近ではピコ太郎をイメージキャラクターに起用しています。

 

バイトル最大の特徴というと、求人数が多いということ。そして、それら求人情報の検索機能が充実していることです。以前、日本一の求人情報のポータルサイトを目指しているといった発言をしていた会社ですから、その方向性は明らかです。仕事を探している人たちからしても、求人情報の多さと探しやすさは、大変重要な点です。アルバイト情報サイトランキングでも1位になっており、これこそバイトル最大のおすすめポイントといえます。

 

 

ショットワークスの特徴
アルバイトを探す媒体はたくさんありますが、短期・単発のアルバイトを探すのであればショットワークスというくらい、定評のあるサイトです。ショットワークスのおすすめポイントは、短期・単発のアルバイトを専門に掲載しているため、とにかく求人数という点です。

 

他のサイトの場合、長期や正社員の募集なども一緒になっているため、短期の仕事の掲載数は必ずしも多くありません。また、短期の仕事の専門サイトならではの工夫もされています。例えば、1日〜90日まで最低勤務日数から検索できたり、「今日・明日・明後日」など、勤務開始日から検索することもできます。また、カレンダーの日付をクリックして、希望する日だけのアルバイトを探す・日払いの仕事を探すなど、とにかくありとあらゆる形態や希望する条件から仕事が探せるようなサイトになっている点もおすすめポイントです。

 

 

マッハバイトの特徴
マッハバイトは国内最大級ともいわれるほど規模の大きい求人情報サイトです。学生などが利用するようなアルバイトの求人から、正社員の求人など、あらゆるタイプの求人がみられることなどで、非常に利用のしやすい求人情報サイトとなっています。常に20万から30万程度の求人情報が掲載されているので、自分に合った仕事を探すことが出来るでしょう。

 

また、マッハバイトのおすすめポイントとしてよく言われるのが、採用決定した後に祝い金がもらえるということです。採用決定から出勤、もしくは設定された期間勤続することでそれを受け取ることが出来るようになっています。金額は様々ですが、そのような制度が採用されているというのは、働く人にとってもメリットになることは間違いないでしょう。

 

高校生に人気のアルバイト

 

第1位はコンビニのアルバイトです。
一見するとやらなきゃいけないことが多く、覚えないといけないことばかりに感じますが実際にはそこまでのことはありません。接客が厳しく問われるアルバイトではありますが、笑顔できちんとこなしていれば必要以上に怒られることもないためおすすめです。テスト前なども柔軟に対応してくれるため、もし何かあったとしてもそのあたりの体制は万全です。賃金は多少抑えられますが、楽できる時はかなり楽できるのもコンビニのアルバイトの魅力です。

 

第2位はファミレスのウエイターウェイトレスです。
こちらも覚えることはあまり多くないため、体力がちゃんとあってはきはきと動ける人であれば重宝されます。またどこにでもあるため、働きたいと思えばいくらでも働き口があるのもファミレスやレストランの特徴です。一度足を運んでみて雰囲気がよさそうであればそこで働いてみるというのも1つのやり方です。

 

第3位はファストフード店でのアルバイトです。
ファストフード店はマニュアルがしっかりしており、それを覚えていけば確実にこなせます。それでいて高校生を受け入れるところが多いため、フォローもしっかりと受けられるのが魅力的です。アルバイトであれば賄いとしてファストフード店の料理を安い値段で食べられることから食費を浮かせるという点でも人気を集めます。シフトなどにも入りやすく、年末年始などにがっつり働きたい場合にもおすすめです。

 

他にも男性であれば肉体労働をするケースが目立ちます。特に工場でのライン作業などは軽作業が多いため、あとは体力勝負の要素が強いことから体育会系の学生に人気があります。冬場だけのアルバイトでは年賀状の仕分けや配達もおすすめです。賃金的に高くはないため、そこがネックではあるものの初めてアルバイトをする人には人気です。学校との両立ができそうなものが人気が高く、特にコンビニは体力勝負にはなりにくい分男女共に人気を集める状況です。

アルバイト面接時のマナー

アルバイトの面接は、何を着ていけばいいか少し困りますよね。
リクルートスーツは硬すぎますし、ジーパンにTシャツはカジュアルすぎるので避けましょう。
アルバイトの面接には、落ち着いた服装でまとめるのがマナーです。女性の場合はブラウスやセーターに、スラックスや膝丈のスカートなどを合わせ、派手な柄や露出の高いものは避けましょう。男性でしたら、襟付きのシャツにスラックスなどを合わせます。

 

清潔感を大事にして、髪の毛も暗めの色に整え、長い場合は一つにまとめるなどしましょう。ピアスやネックレスなどのアクセサリーは必要最低限としましょう。女性の場合は、メイクにも気を使わなければなりません。ナチュラルメイクに仕上げ、濃いメイクは控えましょう。

私のアルバイト体験談

 

数年前にコンビニでアルバイトをした経験があります。夜勤でしたが駅前のコンビニだったため、それなりにお客さんも多い店舗でした。夜の駅前は酔っ払いの方も多く、いろいろとトラブルもありましたが、さまざまな人に対して接客をしていたので、コミュニケーション能力はそれなりに向上したと思います。

 

また、居酒屋やその他にも駅前の夜中も開いているお店の方もコンビニを利用してくれるため、お互い頑張ろうとレジ前で励ましあうことや、いろいろと面白いお客さんの話などが聞けて楽しい思い出もあります。
夜勤のため、作業としてはレジ、商品の補充や発注、清掃などがメインですが、それ以外にも朝方のファーストフーズなどの仕込みなどもあり、それなりに仕事としてはやることが多いのは意外でした。

 

コンビニで働く前は、作業的にはもう少し楽だと勝手に想像していたため、実際に働いてみるとかなり作業も多く効率よく作業しないと時間内に終わらないこともあるため、作業の効率なども考えながら働くことの大切さをコンビニバイトを通じて学びました。

アルバイトと税金(所得税・住民税)

アルバイトといえども、収入金額(給与所得)によっては所得税や住民税などの税金がかかります。
従って税金をとられないように意識しているアルバイトの人も多く、そのために勤務時間を調整するなど苦労している人も少なからずいるのが実情です。

 

まず所得税については課税の対象となる所得(課税所得)は給与所得から給与所得控除と基礎控除を控除した額となります。そしてこの課税所得に所定の税率を乗じることによって徴収される所得税が計算されることとなります。

 

ここで給与所得控除は65万円、基礎控除は38万円と定められていますので、これらをあわせますと103万円となります。従ってアルバイトによる給与所得が年間103万円を超えなければ所得税は課税されないということとなります。

 

次に住民税についてはやや複雑で、住民税には所得割と均等割というのがあり、これら2つによって計算された税額を合算したものが納付すべき住民税となります。
所得割は概ね所得税と同じ考え方が踏襲されますが、基礎控除の金額が若干異なります。

 

すなわち住民税における基礎控除は33万円となりますので、給与所得控除と基礎控除をあわせますと100万円となります。また均等割は自治体によって異なりますが概ね給与所得が年間100万円を超えなければ非課税となります。従ってアルバイトによる給与所得が年間100万円を超えなければ住民税は課税されないこととなります。

給与の支払いに注意!日払い・即日払い・週払いの違い

現在はイベントスタッフや工場など、日払いのアルバイトが多くなりました。
すぐに給料を受け取れるので急な出費に困っている方には便利でしょう。
ただ、日払いといってもその日に給料を受け取れる即日払いとは限らず、翌日以降、あるいはそれ以降に給料を受け取ります。
即日払いは仕事が終了してその日に給料を受け取れます。
この点が日払いと違いがあるでしょう。また、週払いも1週間働いた終了日に受けとれるとは限りません。
1週間分の給料を計算して次の日か翌週以降の受取になります。
会社によって若干違いはありますが、面接で支払日をしっかり確認する必要があります。
日払いや週払いに対応しているアルバイトは通常よりも時給が高く、学生やフリーターに人気となっており、求人サイトで探す事が出来ます。